新型コロナウイルス感染症(パラグアイ入国者に対する行動制限)

2020/3/15
●パラグアイ政府は,3月15日から国外からの全ての入国者及び入国者と接触した者に対して14日間の自宅内隔離を命じることを決定しました。
●パラグアイにおいては,これまでに新型コロナウイルス感染者が7名確認されています。
●在留邦人及びパラグアイに渡航される皆様におかれましては,引き続き関連情報の収集及び感染予防に努めてください。
 
1 3月15日,パラグアイ厚生福祉省は,新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として,国籍や入国地点を問わず,パラグアイに入国する全ての者及び入国者と接触した者に対して14日間の自宅内隔離を命じると発表しました。
 
2 同省は同じ発表の中で,パラグアイへの入国者と入国者に接触した者に対し,熱や呼吸器疾患(せき,鼻水,鼻づまり,のどの痛み)が現れた場合は,直ちに同省相談窓口(電話番号:154)に連絡するように求めています。また,熱又は息苦しさがある場合のみ,マスクを着用して医療機関に行くよう呼びかけています。
 
3 パラグアイにおいては,これまでに7名の新型コロナウイルス感染者が確認されています。在留邦人及びパラグアイに渡航される皆様におかれては,引き続き最新の関連情報の収集と感染予防に努めてください。当館ホームページ上に代表的な機関のホームページへのリンクを掲載していますので,ご参照ください。
【当館ホームページ:新型コロナウイルス感染症関連情報】
https://www.py.emb-japan.go.jp/itpr_ja/nuevocoronavirus.html
 
 
在パラグアイ日本国大使館
住所:Av.Mariscal Lopez No.2364, Asuncion
電話:+595(21)604-616
Mail:japon.consulado@as.mofa.go.jp