全ての日本入国者に対する検疫措置の強化(陰性証明書の提出)

2021/1/8
●日本人を含めて日本に入国する全ての渡航者は、新型コロナウイルス検査の陰性証明書を提出する必要があります。
●同証明書を提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機する必要があります。
 
1 水際対策に係る新たな措置(日本入国時の新型コロナウイルス検査陰性証明書の提出)
日本政府は変異ウイルスに係る水際対策強化措置として、国籍を問わず、日本への入国に際し、出国前72時間以内に実施した新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提出を求めることとしました(パラグアイから日本へ渡航する場合は、日本時間2021年1月13日午前0時以降に日本に入国する方が対象となります。)。
日本人については、陰性証明書を所持していなくても日本に入国できますが、同証明書を提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機する必要があります(御自宅等、御自身で手配した場所で待機することはできません。)。
本件措置の詳細については、下記の厚生労働省HPを御確認ください。
 
厚生労働省ホームページ

2 陰性証明書のフォーマット
原則として、所定のフォーマットを使用してください。
所定フォーマットに対応する医療機関がない場合、任意のフォーマットでの提出も可能ですが、次の全ての情報が英語で記載されていなければなりません。
(1)人定事項(氏名、パスポート番号、国籍、生年月日、性別)
(2)COVID-19の検査証明内容(検査手法(所定のフォーマットに記載されている採取検体、検査法に限る)、検査結果、検体採取日時、検査結果決定年月日、検査証明交付年月日)
(3)医療機関等の情報(医療機関名(又は医師名)、医療機関住所、医療機関印影(又は医師の署名))
 
3 日本到着時に提出する滞在歴や健康状態を記入した「質問票」
(1)日本到着時に質問票がWeb上で事前入力可能となりました。事前に「質問票Web」で必要事項を入力し、QRコードを作成の上、画面を保存又は印刷することで、スムーズな検疫手続を行うことができます。
(2)出発当日にしか判明しない質問(座席番号など)についても、一旦、回答可能な項目のみ入力し、後から「回答入力確認画面」にて修正・入力が可能です。
(3)なお、「質問票Web」をスマートフォンやタブレットのホーム画面に追加することで、航空機内などのオフライン環境からでも「質問票Web」の入力が可能となります。
 
「質問票Web」案内
「質問票Web」入力サイト

 
【参考】
●検疫に関する問い合わせ窓口
厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

 
在パラグアイ日本国大使館
住所:Av.Mariscal Lopez No.2364, Asuncion
電話:+595(21)604-616
Mail:japon.consulado@as.mofa.go.jp